総量規制以上の借入は申込ブラックとなるか

キャッシングベスト3

総量規制以上のキャッシングをすると次は申込ブラックで落ちる?

消費者金融で借りる場合、年収の3分の1までしか借りられない「総量規制」という法律があるのでしたよね。いろいろあって、一時的に自分の年収のまさに3分の1以上の借入れをしたいと思っているのですが、次にどこかに申し込んだら、「申込ブラック」ということで審査には落とされてしまうのでしょうか?

消費者金融の貸付でも、総量規制の対象外となる事例もあります

総量規制とは、賃金業法の改正によって行われるようになった規制で、個人が借入れできる総額が年収の3分の1までに制限される法律のことです。しかし、この総量規制には「除外」や「例外」となる貸付け緩和があるのです。

除外とされる事例は、不動産購入、自動車購入時の自動車担保貸付などは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。そのため、たとえば自動車購入の借入れによって借入総額が年収の3分の1を超えるような場合であっても、法律上では可能ということになります。

一方例外とされる事例は、貸付けの残高に含まれてはきますが、そのため年収の3分の1を超えたとしても、返済の能力がある、と判断されれば貸付けしてもらえるのです。具体的な例としては、緊急の医療費の貸付け、個人事業者に対する貸付け、などとなっています。

また、最近話題となることの多い借金の「おまとめ」、「一本化」についても、緩和の対象となります。借金を一本化するために、年収の3分の1以上の借入れになるとしても、総量規制で例外とされる「顧客に一方的有利となる借換え」に該当するため、借り入れが可能となるです。

こういった特殊な事例に当てはまるようであれば、総量規制の対象に当てはまるという理由で、審査に落とされることはないでしょう。しかし、それでも申し込みの段階であまりに多くの金融機関に申し込んでいた場合は、おっしゃるように「申込ブラック」という判断をされてしまうかもしれません。

消費者金融をはじめとする金融機関では、短期間にあちこちに融資の申し込みをしている利用者は警戒されるものです。「金銭面でなにか大きなトラブルを抱えている人物」と認識されてしまうかもしれないからです。こういった個人の融資申し込みの履歴も、信用情報機関に問い合わせれば比較的すぐに分かってしまうものなのです。いくら確実に借り入れしたいからと言っても、短期間での申し込みは、多くとも3社までにとどめておいたほうがよいですね。それ以降にまた申し込みを考える場合は、申し込みの履歴が消えるであろう半年間は、できればあいだを開けたほうがよいでしょう。

これまで述べてきたような総量規制の貸付緩和になる事例に当てはまらなかったとしても、規制の範囲内であれば、借り入れする理由や内容によっては金融機関も考慮してくれると思われます。融資を望む理由をきちんと伝えることで、審査での印象が良くなる可能性が高いことを覚えておきましょう。

総量規制以上と申込ブラックはキャッシングの申込が出来ない

消費者金融は貸金業法が適用される金融業者です。貸金業歩は改正された際に総量規制が導入されています。

総量規制は、年収の3分の1を超える貸付けを禁じる規制であり、これを守らずに貸付けを行えば違反行為になります。そのため、消費者金融では貸付けを行う場合には審査を行い、借入件数を確認します。

借入件数が在る場合は、現在の借入れ残高がどれくらいあるのかを調べて審査を行っていきます。また、総量規制以上のキャッシングの申込を行う場合、借入残高が在る場合、それを隠して申込みを行っても、信用情報機関で管理されている個人情報を照会する事で借入れ残高が在る事が明確になります。そのため、キャッシングの申込み時に借入れ残高が無いと言った偽った方法で行っても、情報を照会する事で事実と反している事が明確になります。この事からも、総量規制以上のキャッシングの申込みを消費者金融では出来ないのです。

因みに、パートなどをしている主婦の場合は、配偶者の年収と合算を行ってキャッシングの申込みを可能にしています。但し、この場合でも総量規制以上の借入れを行う事は出来ません。

あくまでも主婦の人の年収と、配偶者の年収を合算し、合算した年収の3分の1以内になるのです。但し、おまとめローンなどの場合は、総量規制の例外になっており、年収の3分の1を超える借入れも可能になります。

キャッシングは短期間で申込みを多く行う事で申込ブラックになります。キャッシングの申込みを行うと、信用情報機関の個人情報に申込み履歴と言う形で記録が行われます。短期間の中で複数の消費者金融に対して申込みを行う事で、その都度個人情報に申込み履歴が記録されていきますので、お金に困っている人であると言う判断をされてしまうのです。

この状態になると、続けて申込みを行っても審査に通る事は在りません。また、申込みを行う事で個人情報に申込み履歴が多くなりますので、個人情報に傷をつけてしまう事になりますので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 SMBCカードローンの増額隠微出ない方へ→別の会社を探す All Rights Reserved.