給料低くカードローン利用したいが注意点は

キャッシングベスト3

給料低いので困ってます…カードローンを利用したいけど注意点は

給料がなかなか上がりません…。その上もっと給料の低い後輩にたまにおごったり、付き合いだけは増えていき、給料日前など慌てることが多くなりました。安心の意味でも、カードローンに一社くらい契約をしておこうかと思っています。カードローンに申し込みするにあたって、注意したほうが良いことって何かありますか?

用途を問われない分金利が高かったり、借入れがクセになる場合も

おっしゃるように、カードローンに一社でも契約しておけば、なにかあった時にすぐに借り入れすることができて安心ですよね。また現在では、インターネットを利用することで、申込みから借り入れ、返済にいたるまですべて家にいながらにして行なえる金融機関もあります。実際、カードローンの利用者は増加の傾向にあります。しかし、便利というだけでなく、やはり注意したほうがよい点もいくつかあるのは事実です。

ローンというと、住宅ローンやマイカーローンなどが浮かびますが、カードローンに関しては、融資された資金の使用用途については問われません。つまり、借り入れたお金を何に使おうがあなたの自由です。しかしその代わり、カードローンの金利は住宅ローンなどに比べて、高めに設定されているものです。

カードローンの広告などで見かける金利の表示で、よく「〇%~〇%」なんて表示を見かけますよね。ついつい低いほうの金利に目が行ってしまうかと思います。しかし、借り入れする額が少なければ少ないほど、高いほうの金利、つまり上限金利に近くなるのです。

カードローン利用者のほとんどが、数万円~十数万円の少額の借入れです。つまり、実際の金利は上限金利に近いものになる、ということ。カードローンの上限金利は、だいたい18%ほどに設定されていることが多いかと思います。これは、決して低い数字ではないということを認識しておいてください。

また最近のカードローンは、審査や融資までの時間の短さをウリにしているものが多く、審査に問題なく通ってしまえば、あっという間に借り入れができてしまいます。また、決められた限度額の範囲内であれば、いつでも簡単に繰り返し借り入れすることができます。

この手軽さが、気を付けなければ実はちょっとコワいのです。ATMにカードを入れさえすればあまりに簡単に借り入れできてしまうため、まるで自分の口座から引き出すかのように、借入れを行うのがクセになってしまう方もいるのです。

カードローンの返済方法は、リボルビング払いが主流となっており、返済は複数回に渡って最低限の額にとどめられています。これは毎回の返済の負担が軽くて済みますが、完済するまでにはかなり時間がかかる、ということでもあります。資金に余裕のあるときは、なるべく繰り上げ返済できるように心がけましょう。

借入れする際に、こういったことを忘れないようにして上手に利用すれば、カードローンは便利なものです。主に借りすぎに注意しながら、あなたの生活のサポートとしてカードローンを役立てましょう。

給料低い方に適したカードローンのサービスとは

給料低い方に適したカードローンとは、低金利なサービスです。このサービスの利用で大きな負担となるのは、毎日発生していく利息による負担です。その為、このサービスを利用する際には、金利の低いサービスを利用する事が重要になります。銀行系のカードローンは他の業者と比較し、低めの金利設定となっており、収入が低い方でも利息による負担を抑えての借り入れが可能になっています。

このサービスは現金を簡単に借りることができるために非常に便利ですが、一般的なローンと比べて金利が高いというポイントがあります。これは数パーセントの金利負担になりますが、高額な融資を受けた場合は、日割り計算での毎月の利息は大きなものとなります。その為、収入が少ない方の場合は、金利の低いサービスを選ぶ事が重要になるのです。

又、このサービスを利用してお金を借りる際には、事前にどれ位の期間で完済する事ができるのかも視野に入れ、毎月の返済額などを考慮して最適なサービスを選ぶ事が必要になります。これは借入れ期間が長くなれば負担は大きくなっていき、数パーセントの金利でも大きなものとなるためです。

このサービスを利用する際に低い金利でお金を借りる為には、銀行系のカードローンを利用するという方法が効果的な手段となります。この銀行系のサービスは実質年利が低くなりますが、一般的な消費者金融系のサービスよりも審査基準が厳しいという点を把握しておく事も重要になります。

そして、消費者金融系のサービスを低金利で利用するためには、借入れ額を多く設定すれば可能になります。これは借入れ額に応じた金利が設定されているためで、小額の借入れの場合は最高の水準の金利が適応されますが、借り入れ額を増やせば金利も低くなり、負担を抑えての借り入れが可能になるためです。その為、給料低い方の場合は、この融資枠を大きくしてもらえる業者から、お金を借りるというポイントも重要になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 SMBCカードローンの増額隠微出ない方へ→別の会社を探す All Rights Reserved.