消費者金融の借入れで金利より重視する事は

キャッシングベスト3

消費者金融で借りる場合、金利よりも重視すべき事ってなに?

今度引っ越しをする計画を立てており、少し費用が足りないため、消費者金融での借り入れを検討しています。借金する場合はやっぱり、何よりも金利に注目してしまうと思うのです。借入れ先を決めるにあたって、金利以外でほかに重視したほうがよいのはどんなことでしょうか?

金利のほか、融資までのスピード、返済のしやすさが大事です

消費者金融のカードローンなどで融資を受けたい場合、どこから借り入れするかを決めるにあたって、金利に注目するのは当然のことと言えますね。誰でも総支払い額は安く済ませたいものです。低金利というと、消費者金融よりも銀行のカードローンのほうが頭に浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。消費者金融や信販系のカードローンと比較して、銀行ローンの金利はたしかに低めです。

そのため、利息を低くしたい点にこだわるのであれば、銀行のローンに限って検討してもいいかもしれません。しかし銀行のカードローンは金利が低いのが魅力な半面、審査に時間がかかったり、審査が厳しい傾向にあるということを理解しておきましょう。(このサイトから借入れすると便利です→カードローン審査緩い

では、それでも消費者金融での借り入れを選ぶのは、どんな場合でしょう。もし「できれば申し込んだその日に借り入れしたい」、「とにかく早く融資してもらいたい」とスピードを重視するならば、消費者金融にしぼって探してもよいかもしれません。

また「審査に確実に通りたい」、「審査結果にちょっと自信がないかも」というような場合も、消費者金融への申し込みのほうがおススメと言えます。消費者金融での借り入れは「総量規制」と言って、年収の3分の1までの借入れしかできない、と法律で決まっているのです。逆を言えば、融資できる額に明確な制限があるため、融資されやすいと言えるのです。つまりそれは、審査が比較的甘くなる、ということです。

確実に審査に通りたいからと言って、複数の消費者金融に申し込みをされる方もいらっしゃいますね。たしかに各社の金利は違いますし、できれば金利の低い金融機関から借入れするのが理想ですね。実際に申し込んでみないとどれくらいの金利が自分に当てられるのかは分かりませんから、たしかに複数に申込んで経過を見ながら決めたいところです。

しかしこの方法はリスクをともなうため、あまりお勧めできないのです。というのもいわゆる「申し込みブラック」と言われる、リスキーな人物と取られかねないためです。「あちこちへ借り入れ申し込みをしている、なにか金銭トラブルを抱えている危ない人物」と受け取られる可能性が高いのです。金融機関への借り入れ申し込みの事実は、信用機関を通してリアルタイムに分かってしまうため、他社であっても思いのほかすぐに情報は伝わります。審査に悪影響とならないよう、同時申し込みはできれば3社以下にとどめておきましょう。

それともう一点、借入れ先を決めるのに大切なポイントがあります。それは「返済しやすいかどうか」という点です。カードローンなどで融資を受けた場合、返済は複数回となる場合が多いです。そのときに、消費者金融のATMが自分の最寄駅にある、とか、返済の手数料が無料である、ネットバンキングを使って返済できるなど、自分にとって返しやすい状況を作れる金融機関かどうか、というのは大きなポイントです。

たとえば、金利が低いということで飛びついてしまって、後で返済しにくい金融機関だったとなると、返済の遅れが生じたり延滞を繰り返したりと、トラブルに発展しかねないのです。金利だけではなく、いろいろと多角的に考えて、自分にあった融資先を決めたいものですね。

消費者金融の特徴と金利よりも重視すべき事

一般的に消費者金融は審査が緩く、金利が高いと言う特徴が有ります。これに対して銀行の場合は審査は厳しいものの、金利は低いと言う特徴が有ります。

金利が低いという事は返済に含まれる利息が少なくなりますので、同じ額のキャッシングを消費者金融と銀行で比較をすると利息分には差が出てきます。利息が安くなればその分余裕も生まれるわけですが、金利よりも重視すべき事と言うものが在ります。金利よりも重視すべき事というのは返済です。

金利がいくら安くても、きちんと返済計画を立てずに利用すれば返済期日にお金を返せずに遅延損害金を支払う必要が出てきます。また、遅延損害金は「借入残高×遅延利率÷365日×遅延日数」と言う利息を支払う事になりますので、遅延した日数が多くなるほど余計な利息を支払う必要が出てきます。

更に、利息を支払うだけではなく、遅延を行う事で信用情報機関が管理を行う個人情報の中に遅延履歴と言う形で記録が行われることになりますので、個人情報に傷をつけてしまう事になります。尚、遅延履歴が記録されることで信用を落とすことになりますので、新たな借入を行う際には不利になります。
この履歴があり、申込みに断れる度に申込み履歴が加算されていきますので、短期間の中で申し込みを複数回数行ってしまう事で申し込みブラックと言う形になります。

この事からも、キャッシングを利用する場合は返済計画を立てることが重要であり、金利よりも重視すべき事なのです。

因みに消費者金融には総量規制が在ります。総量規制は年収の3分の1を超える貸付を禁じしている規制であり、利用限度額は借入残高が在れば少なくなります。しかし、銀行の場合は総量規制の対象外となりますので、利用限度額を多くする事も出来るのです。

ですが、どちらの場合も返済計画を立てずに利用してしまえば返済が困難になる事もあるのです。この事からも、金利よりも重視すべき事は、返済シミュレーションを行って返済可能な利用限度額を定めることが先決なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 SMBCカードローンの増額隠微出ない方へ→別の会社を探す All Rights Reserved.